Skip to content

即日審査のキャッシングを利用する流れ

即日審査のキャッシングを利用するための流れを、最初から最後まで順を追ってご説明いたします。
即日審査のサービスを提供しているキャッシング会社は、基本的に即日融資も行っていることが多いです。
そのため、申し込みから借り入れまで1時間も掛からないところもあります。
その大部分は審査が終わるまでの30分から40分なので、大変なことは何もありません。
ではどうぞ。


キャッシングの準備から審査まで

準備すればいいものは基本的に1点で、審査は結果が出るまでほったらかしても大丈夫です。
まず必要になるのが、免許証などの本人確認ができるものです。
免許証が無ければ、保険証かパスポートを用意してください。
キャッシングを利用するためには、これだけあればOKという業者が大半です。
審査はさまざまな方法で申し込みができますが、今回はインターネットから申し込むことにしましょう。
利用したい業者のホームページから借り入れの申し込みを行ってください。
おそらく15分もかからないで終わるでしょう。


審査から借り入れを経て返済まで

審査はだいたい30,40分でおわります。
インターネットから申し込めば、結果の知らせを待つだけなのでおすすめです。
カードローンならお近くの支店や無人契約機で、振込融資なら指定口座でそれぞれキャッシング成功です。
ただし忘れてはいけないのが返済です。
ドラマで見るような、借金取りが家にやってくるという展開は現在ではほぼありえませんが、何日も遅れると催促の電話がかかってきます。
遅れると信用が下がって次からの利用が難しくなるので、よくお世話になる方はしっかり期日までに返済することです。

参考:即日審査対応の消費者金融

キャッシング会社のプライバシーへの気配り

キャッシング会社を利用するときには、どうしても支払わなくてはいけないものがあるなど、現金を必要としている時だと思います。悪いことではないですし、法律を守っている会社がほとんどとなっているのですが、あまりお金のことは他人に知られたくないと考える人も多いかと思います。会社は、プライバシー面への配慮もきちんと行っているそうです。


キャッシングを利用していると分からないように

キャッシングサービスでは、会社に在籍確認の電話を入れることがあります。これは収入証明書などの提出がない場合などに、その会社で働いているかどうかをキャッシング会社が確認するために必要なのですが、このような場合には個人名で確認を行う、契約書などの郵送でも社名の入ったものを使わないなど、プライバシー面で負担を感じなくていいようにする会社が多いそうです。


キャッシュカードで利用できる銀行カードローンも

銀行の行うキャッシングの場合には、その銀行の口座を持っている人に向けて、キャッシュカードだけで利用ができるカードローンの提供も進んでいます。即日審査などのカードローンではローンの借り入れ、返済、に必要なカードがあるのですが、このカードの発行の手間を省くこともでき、カードを見られる心配もないと言われているそうです。

あなたはなぜキャッシングするの?

あなたがキャッシングを受ける目的は何でしょうか。
生活費の足し、ショッピング代金に利用するの以外にもいろいろあるでしょう。利用する方の立場でも使うのに適したカードローンの種類は変わってきます。
あなたが何歳で、どれくらいの早さでの融資を望んでいるのか、希望融資額はいくらなのかもう一度考え直してから、自分にあったカードローンを利用するようにしましょう。


比較サイトで、キャッシングするカードローンを選ぶ

インターネットで検索すると、カードローンの金利や審査についてを表などにまとめているサイトが出てきます。これを参考すれば、自分の利用目的に合ったものを選んで申し込むことができます。
金利や審査の厳しさだけでなく、消費者金融や銀行ごとに違う即日審査や無金利期間などの特典も見ることができるので、急いでいる方、短期間の融資を望んでいる方ならその特典を利用する必要があるでしょうからあらかじめ調べておきましょう。


そのお金は絶対に必要?

カードローンで借りたお金の利用目的は自由ですが、そのお金の利用目的はしっかりと定めておく必要があります。
一度お金を借りてしまうと、利息の返済だけでも多くのお金が必要になってしまいます。いくら返済に可能な額を借り入れているとしても、銀行のカードローンなど金利の安い種類のものを利用しているとしても、その利用は頻繁に行うべきではありません。
旅行や入院など絶対に必要なお金ではないとしたら、借りぐせがついてしまうことのないようにきちんとしたキャッシング利用を心がけておく必要があります。


返済に困ってしまったら

もうどうにもならない、ということになってしまった人のためにすべての債務記録を無くす自己破産がありますが、自己破産してしまうと、その記録が5年~10年残ってしまい一切借り入れができなくなったり、特定の職業につけなくなってしまうなど、やはりデメリットは多くあります。
そのような最後の手段をとるまえに、債務整理やおまとめローンなどを利用してできるだけ返済の手間を減らす工夫をすることが必要になります。
そうなる前にも、無金利期間を利用したり、金利の安い種類のカードローンを利用するなどして返済額を少しでも減らすための努力を怠らないようにしましょう。もし返済するときに頭を悩ませているようなら金融の知識がある人に相談してみることも大切です。少しインターネットなどで調べると専門の司法書士のホームページなどがすぐに見つかります。

どこでキャッシングすればいいのかわからない

一昔前と違い、今はキャッシングできる会社の種類や選択肢はとても増えています。

様々な種類の銀行系や消費者金融のキャッシング、何が違うのでしょうか。また、どこで融資を受ければいいのでしょうか。何もわからないと不安になってしまいますよね。

ちゃんとそれぞれの違いなどを頭に入れて、それから利用していきたいですね!


銀行系のキャッシングには法律の適用外?

法律で貸金業法の総量規制というものがあり、これにより消費者金融では年収の三分の一以上借りることができません。

しかし、銀行系のキャッシングサービスにはこれが適用されないので、消費者金融の定める規定の額より多く借りることが可能なのです。

しかし当然審査も厳しくなるので、即日審査が可能になっている場合も慎重に返済確実とみなされた人にしか融資してもらえないということですね。


それぞれのいいところってなに?

銀行系のキャッシング、消費者金融のどちらに申し込むのかも決められたでしょうか。

消費者金融は、銀行系より審査基準が甘く、お手軽に融資を受けることができるので、それが強みと言えますね。即日キャッシングを受けることができることができるところも多いので、そこも魅力と言えます。銀行系のものはなんといっても抜群の知名度などによる安心がなによりの魅力かもしれません。厳しい審査も銀行なら納得です。

キャッシングを利用できない人が増えているのは本当?

キャッシングは銀行系キャッシングなどの登場で、安心して利用できる場所という認識が徐々に広がってきたと考える人もいるそうです。消費者金融だけでは危険なイメージなどもあったかもしれませんが、法改正などもあり、消費者金融、銀行ともにカードローンは安全に使えるという情報が広がっているそうです。


キャッシング審査に落ちる若い世代が多い?

その分、即日審査などに申し込む人の世代も若くなったという声もあるそうです。しかし、若い世代で審査に落ちてしまう人が多くなったという意見もあると言われています。これは、キャッシング審査に必要な信用情報に傷があることが原因になると言われています。割賦払いで買い物をできる場所が多くなったことから、信用情報への事故情報の問題も深刻になっています。


携帯電話の未納で審査に落ちる?!

すべてではありませんが、中でも多いと言われることがあるのは、携帯電話の未払いだそうです。携帯というと、使った分のお金を支払っている感覚かと思いますが、機種の代金を分割して支払い、その中で割引などを使っているので、信用情報にも未納の場合は情報が載る可能性があります。一度、事故情報などがついてしまうとキャッシング以外にもクレジットカードや、携帯の割賦払い制が使えなくなる可能性もありますから注意しましょう。

キャッシング利用は返済日に注目

キャッシングは即日審査など、すぐに借りることができるサービスという面に注目している人が多いそうです。その中でも会社を選ぶためには、利息やATMが近くにあるかどうかなどをチェックする人もいますが、返済日も確認を忘れたくないポイントとなっています。


キャッシングの返済を余裕があるうちに

キャッシングや貯金などでは、お財布に余裕のあるうちに終わらせる、貯めることでスムーズに運ぶと言われているそうです。そのため、キャッシング返済日は、お給料日など自分に余裕の出る日になるべく近づけて、先に支払ってしまうことは、キャッシング返済をスムーズにするコツという声もあるそうです。会社によっては、返済日を選ぶことのできるところも増えているそうです。


繰り上げ返済などもしやすくなる

余裕のあるうちに返済を行い、生活をすることで余裕が出たときには繰り上げ返済にあてるということもしやすくなるそうです。日数で利息を管理している会社では、早めに返済することで負担も軽減するそうです。また借りた日と返済日の感覚によっては初回の返済日のみ、返済日が非常に遠い、近い場合には変わることがあるそうです。選ぶことのできる会社の場合、初回返済がいつになるかを借りる前にチェックしましょう。うっかり過ぎてしまうと信用情報に傷がついてしまいます。

キャッシングはネットバンクが便利なの?

銀行がキャッシングサービスを開始したことから、注目が集まっているのがインターネットバンクだそうです。インターネットバンクでは、窓口を利用せずに入金の手続きや送金ができることから、時間などの制限が窓口に比べると遅い時間でも反映されるなどのメリットが考えられているそうです。


キャッシング返済も24時間

インターネットバンクは身近な存在にはないという人もまだ多いかと思いますが、ネットバンクでは返済や借り入れの手続きを24時間できるものも多く、手数料も24時間、あるいはATMが利用できる時間であればいつでも利用できるというキャッシングローンなどでも、無駄にかかるお金が少ないと考える人もいるそうです。また、ネットバンクは店舗が少ないこともあり、人件費がかからないことなどから手数料などのサービスがしやすいため、勢いも増しているというニュースもあります。


住宅ローンなどでも注目されるネットバンク

窓口のない銀行なので、実際にかかる人件費なども少ないというのが、ネットバンクの魅力です。即日審査などでも、ネット銀行では専業主婦も利用できるローンが増加していると言われていますし、住宅ローン金利では、最低金利で固定契約ができる、などの大きなメリットから契約者は増えているそうです。またATM手数料も時間外無料になっている銀行の多くはネットバンクといわれています。

キャッシング借りたお金が返せない時はどこに相談するの?

キャッシング会社で即日審査などのサービスを利用しても、どうしても返済ができないという事態になってしまう可能性を考えたことはありますか?返済計画などはもちろん立てていると思いますが、予想もできなかった事故に巻き込まれてしまうということもゼロとはいえません。


家族がキャッシングで借りているお金は返す義務がある?

家族などがキャッシングを利用している場合、代わりに返済をしなくてはいけないのでは?と不安になることもあるかもしれませんね。自分が使っていなくても配偶者や家族が利用していることもあるかもしれないからです。申し込みの時に契約書の控えを取っているはずですから、保証人がないローン、無担保のローン、という2つの条件があるかを確認してみましょう。


無担保、無保証人は本人だけに返済義務が

契約書に上の2つが明記してあるローンであれば、家族や親族だとしても契約した本人以外に返済義務がある人がいないということになります。ただし、返済ができなくなった、ということをなるべく早く会社へ報告して、理由などと合わせて相談しましょう。また長期間にわたって返済ができないと考えられる場合には、債務整理などを専門に扱っている弁護士や司法書士に相談することも大切です。

キャッシング会社の商品を知ろう

キャッシング会社では、即日審査などスピードに着目した商品の他にも、目的別キャッシングや事業主の人が利用する事業性ローンなどの商品を扱っているそうです。また2社以上からお金を借りている人が返済のストレスを減らすことのできるおまとめローンなども増加しているそうです。


キャッシングで人気の高い即日審査

やはりキャッシングサービスの中で圧倒的に人気が高いサービスが、即日審査を行う商品だそうです。審査申し込みはどのローンも、多くの場合はインターネット経由でできますし、かかる時間もできる限り短くなっているそうですが、どうしても現金が必要というケースは社会人にも多いこと、その中でも女性の一人暮らしや社会進出によって、女性向けのキャッシングも増加しているそうです。


おまとめローンで完済を目指す人も多い?

おまとめローンは2社以上の会社から融資を受けている人が利用するもので、返済にかかる手間や時間をできる限り減らすために、一社で借り換えること、金利の安いローンを利用することで、利息で支払う物理的なストレスを減らす効果もあると言われており、人気が上がっているそうです。気軽に利用できるローンが増えているのはいいことですが、複数債務には注意したいですね。